名作文学モチーフシリーズ

名作文学や寓話をモチーフとしたアクセサリーやランプを製作しています。

日本文学

宮沢賢治

「銀河鉄道の夜」

銀河鉄道

賢治が生きた時代に岩手を走っていた「岩手軽便鉄道」をモデルにしたアクセサリーです。

三角標

「銀河鉄道」が走る風景の中に印象的に登場する「三角標」。測量のために建てられた櫓のようなものですが、物語中では星を暗喩していることが読み取れます。これをモチーフにランプやアクセサリーを製作しました。

白鳥の停車場

銀河鉄道が停まる、白鳥の停車場。
どこか幻想の場所にあるこの駅を、岩手・花巻の宮沢賢治童話村の前にある雑貨屋さん「白鳥の停車場: 星を賣る店」さまにご許可を得て、お店の建物をモチーフにランプにしました。

「白鳥の停車場」様 ショップ建物ランプ

岩手県花巻市の雑貨店「白鳥の停車場」様にて開催されたイベント「ケンタウルス祭2022」にあわせ、ランプをデザイン・制作しました。 「白鳥の停車場」様は、宮澤賢治童話…

「鹿踊りのはじまり」

さながら「じぶんまでが鹿のような気がして、いまにもとび出そうと」した嘉十のように、身につけていただけば鹿の気持ちになれるかもしれないかんざしです。

「マグノリア」

マグノリアの花 = 白木蓮(ハクモクレン)の、ひとさしの枝がそのままかんざしになったようなアクセサリーです。

萩原朔太郎

「猫町」

梶井基次郎

「檸檬」

comming soon